2022年9月16日金曜日

ウリ科抑制栽培2

今回タイトルにありますウリ科抑制栽培は、メロンと小玉スイカについて
お伝えしています。
前回のブログではまだセル苗の状態でしたが、その後1ヶ月以上が経ち
現在の様子をお伝えします。

まずは養液栽培のメロンです。


ヤシガラ培地へ定植後、すでに15節くらい蔓が伸びています。
暑い夏場に定植するので、生長が早いですね。

仕立て方は親蔓1本仕立て1果取りで、
果実を着果させる節は、12~15節から伸びる子蔓にしますので、
すでに12節の子蔓は雌花を咲かせています。


黄色い花弁の下にメロンの果実となる
膨らみが分かりますね。

下の画像は雄花です。
今回もミツバチが交配に励んでくれています。


今回栽培の品種「FRアムス」は、交配後約55日が収穫の目安となります。
次回のブログでは、かなり果実が大きくなっていそうですね。


次は土耕栽培の小玉スイカです。

こちらも定植後1ヶ月以上が経ち、かなり蔓が伸びています。
仕立て方は子蔓4本仕立て、3果取りを目指します。


下の画像は雌花です。
メロン同様黄色い花弁の下に果実となる膨らみが分かりますね。
既に縦縞も見えます。
まだ小指の先ほどの大きさです。


下の画像は雄花です。
小玉スイカもミツバチに交配を任せています。
人工授粉作業の省力化に大変助かります。


今回栽培の品種「姫まくら」は交配後約35日で収穫となります。
もしかしたら次回のブログでは収穫のお知らせとなるかもしれません。

(蔬菜作物 榎本)










2022年9月8日木曜日

もう9月

 

毎日、暑い暑いと過ごしているうちに、気が付けばもう9月です。果樹部門は、ナシ・ブドウ・イチジクの収穫で大忙しです。

左の写真はスチューベンというブドウです。前回紹介したバッファローは別名アーリースチューベン、今回のこの品種が元です。画像のようにジベレリン処理をしていないので、種有りで丸い粒です。が、香りは強いです。






これはゴルビーです。前回紹介した時と比べてより紅くなってきました。すべての房がこれほど色付いてくれるとよいのですが。







こちらはクルガンローズです。名前にローズとあるように、バラ色になってくれるとよいのですが。片親が赤嶺です。













そしてこれは瀬戸ジャイアンツです。粒が桃のような形をしているので、桃太郎ブドウともいいます。今年は順調に生育しています。










先週から巨峰の収穫が始まりました。昨年と比べると、色付きは良さそうです。
シャインマスカットは、収穫の時期が遅れそうです。
9月いっぱいブドウの収穫に終われる日々が続きます。

櫻井(果樹・加工)




2022年9月1日木曜日

更新剪定2022

9月に入り
うだるような暑さも少しは収まってきたでしょうか

先月、まだ暑い盛りの8月初旬に
ナスとピーマンの更新剪定を行いました

ナスの更新剪定については
こちらをご覧ください

https://kajusosai1.blogspot.com/2021/08/2021.html

ピーマンもナスと同様に
混みあった枝を透かして風通しを良くしていきます


(8月10撮影)

ナスとピーマン、剪定後の様子
すっきりした感じになっていると思いませんか?




(8/26撮影)
剪定直後に比べるとかなり繁ってきました


ナスやピーマンは暑さに強い植物ですが
暑すぎると花付きが悪くなり収穫量が落ちてきます


枝が混みあっていると病害虫も発生しやすくなるので
更新剪定を行い
風や光の通りを良くすると共に
花や葉、茎を減らし
株を休ませる必要があります

更新剪定後しばらくしてから追肥を行い
株を充実させ、秋の収穫に備えます

(蔬菜作物 山崎)

2022年8月29日月曜日

ヤブガラシ

 ヤブガラシはブドウ科ヤブガラシ属のつる性の多年草で、藪、道端、庭、公園などいたる所でみられる雑草です。

 巻きひげで植物や壁、フェンス等に絡みついて、あっという間に覆いかぶさって 大変やっかいな雑草です。

 藪を覆って枯らしてしまうほど繁殖力が旺盛であることから、「ヤブガラシ」と言われる様です。また別名「ビンボウカズラ」とも呼ばれている様で、庭の手入れどころではない貧乏な人の住処に生い茂る、またヤブガラシが絡まれた家が貧相に見えるなどの意味に解釈されている様です。

 地下茎(根)を伸ばして繁殖するので、地上部を刈り取っただけや地下茎を少し取り除いただけでは、残った地下茎からまた繁殖しツルが伸びてきてしまいます。

 

切丸太に覆いかぶさったヤブガラシ

巻きひげを伸ばし、絡みつく

ヤブガラシの花

花のアップ

 葉は互生で5枚の小葉からなる鳥足状複葉で、葉の付け根の反対側に巻きヅルが伸びます。花は散房状の集散花序につき、6月から9月に徐々に開花します。花は直径約5ミリメートルで薄緑色の花弁4枚と雄しべ4本、雌しべが1本あります。中心部の橙色の部分は花盤と言われ、蜜が豊富で蝶や蜂などの昆虫がよく集まるようです。


(造園樹木 本間)

2022年8月19日金曜日

ブドウの収穫

 今年もブドウの収穫が始まりました。

センターで栽培されている品種を紹介します。


①ブラックビート

巨峰と同じく黒系の品種です。近年は巨峰と比べて、黒く着色しやすいことから人気を集めています。


②ハニービーナス

黄緑系の品種で、果実は大粒です。糖度は育成地では21度程度と、甘みの強い品種です。


③ナイアガラ

耐寒性が高く、北海道や東北で多く栽培されています。また、果汁が多く、特有の香りがすることから、ジュースの加工原料として多く用いられます。


紹介した3品種以外にも様々な品種が存在するブドウですが、品種ごとの味の違いや食べ比べを楽しんでみてはいかがでしょうか?

                                佐々木(果樹・加工)


 

2022年8月4日木曜日

ウリ科抑制栽培

前回まで「春のウリ科栽培」についてお伝えしましたが、
今回からは、夏播き秋採りする「ウリ科抑制栽培」について
お伝えしたいと思います。

まずは、小玉スイカです。

7月26日(火)に、128穴のセルトレイに播種しました。
品種は「姫まくら」
果実は名前の通りまくら型の楕円形で、2~2.5㎏位に育ち
果肉はシャリ感に富み食味は大変優れています


ちょっと発芽が揃っていませんが、子葉が展開し
本葉が広がる前にセル苗のまま定植します。

下の画像はスイカを栽培するハウスです。


元肥入れと畝立ては済んでおり、この時期の日差しや高温から
地温の上昇を防止するため、白いマルチフィルムを張ります。

あとは苗の生長を待つばかりです。


次はメロンです。

こちらも7月26日(火)に、72穴のセルトレイに播種しました。

品種は「FRアムス」
果形はやや腰高で、果重は1.0~1.5㎏
果肉は厚く緑色で、肉質は収穫後徐々に軟質多汁となり、
3日目頃から適食となります。


メロンは播種から3週間ほど育苗し、定植となります。

下の画像はメロンを栽培する養液栽培のベットです。
まだ前作のキュウリの片付けが済んでおりませんので、
ちょっと急がないといけませんね。


今回のブログ以降、秋のウリ科は
小玉スイカとメロンの抑制栽培について
生長の様子をお伝えしていきます。

次のブログでは、果実が実っているかもしれません。

(蔬菜作物 榎本)





2022年7月29日金曜日

夏本番

 

7月も下旬を過ぎ、暑い日が続くようになりました。

前回紹介したブドウも生育が進んでいます。

これはナイアガラです。緑色が薄くなり、粒が柔らかくなってきました。






これはサニールージュです。赤紫が濃くなってきました。デラウェアの後継として植えましたが、粒はこちらのほうがずっと大き目です。












これはハニービーナスです。黄緑色が濃くなってきました。まだ香りはしませんが、8月中旬頃収穫となります。












こちらはブラックビートです。もうすでに色は真っ黒です。巨峰より一足早く8月中旬の収穫です。












こちらはゴルビーです。昨年は色が付きませんでしたが、ことしはどうでしょうか。












これはバッファローです。種無し処理をしたため、粒の先が尖り、質感がよくなっています。8月上旬の収穫となります。











最後に、こちらはデラウェアです。もうすぐ収穫となります。
今年は袋掛けを行ったため、鳥害はありませんでした。色付きの良い房から順番に収穫を行います。














他にも、巨峰・ピオーネ・シャインマスカット・ウィンク・アレキ・オリエンタルスター・マスカットベーリーAといった品種が順調に生育しています。 夏本番です。

櫻井(果樹・加工)